試合前は餅がおすすめな理由

スポンサーリンク




『試合前、何を食べていいのか分からない』、または、『子供が試合前で何を食べさせて良いのか分からない』など多くいるのではないでしょうか?

食べ物に関する情報がありふれ、どの情報を選択していいのか分かりません。

そんな方々におすすめなのが、お餅です。

そもそもお餅って??

糖質(炭水化物)が豊富。

糖質(炭水化物)は、運動中の主なエネルギー源となるものです。

「ごはん」と「お餅」を各100gで比較すると、ごはんの炭水化物が37.1gなのに対し、お餅は50.3g。

お餅の方がエネルギー源を効率的に得られるんです。

競技中に体の中で糖質が足りなくなると、力が発揮出来ません。

持久系のスポーツでいい記録を出したければ、試合や大会前に炭水化物を補給しておくことが大切ですね。

腹持ちが良い

お餅は、満腹感が継続して得られるので、必要以上の食事量をとる心配もありません。
効率よくエネルギーを蓄えられます。

手軽に食べられる

試合前は興奮や緊張など精神的にストレスがかかっています。食欲が衰えたり、思うように喉に通らないことも。そんな時、手軽に食べれるのが餅なんです。餅はカットして大きさを変えられるので便利。

アレンジしやすい

餅は、あんこ餅、大根おろし、砂糖醤油、きなこ、海苔など変化をつけられるので便利。大根おろしにつけて食べると、消化を促す作用もあります。

ゲン担ぎ

『粘り強い』にちなんで好んで食べる選手も多い。

試合前何時間前に食べるのが良いの?

試合開始の3~4時間前が理想。

餅を食べる金メダリストたち

女子マラソンの高橋尚子選手、ウエイトリフティング三宅宏実選手など大会前に餅を食べていたそうです。トップアスリートも取り入れている餅は、効果実証済みといえるでしょう。

スポンサーリンク