中﨑劇場とは??

スポンサーリンク




プロ野球ファンの間で中﨑劇場というワードが飛び交っているのをご存知でしょうか?最近、広島カープの試合が終了すると、『中﨑劇場』がトレンドワードで上位に表示されるケースが度々あります。この中﨑劇場というワードを知らない人からすると『何々??』って感じですよね。この『中﨑劇場』の意味を説明したいと思います。

そもそも中﨑投手とは

  • 2010年ドラフト6位で広島カープへ入団
  • 広島カープの絶対的守護神として活躍中
  • マウンドでは威嚇するような表情をつくるが、ホントの性格は優しい
  • ヒゲがトレードマーク

中﨑劇場とは?

中﨑投手は、3者凡退で抑える確率が低く、3人で抑えられない形がパターン化しつつあります。ピンチを招くたびに、カープファンは「またか」と、、(笑)

しかしながら、中﨑投手が他の投手と違うのは、毎回ランナーを背負ってピンチを招きながらも最後は抑えます。ランナーを背負ってからが粘り強いんです。

いわば見せ場を作り出すエンターテイナー的存在。

そんなことから『中﨑劇場』という言葉が生まれました。

まとめ

しっかり3人で抑えてくれるとファンとしてはありがたいのですが、中﨑投手は僅差の場面で登場するので、劇場化してしまうのはしょうがない面も。登板回数も多いですからね。『中﨑劇場』はヒヤヒヤしますが、今後も抑えの切り札としてがんばって欲しいです。

スポンサーリンク