広島カープ薮田投手の魅力!!

スポンサーリンク




 

多くの人に見習ってほしいプロ野球選手、

それは薮田和樹投手です。

順風満帆な人生とは言い難い人生の中、あらゆる逆境を乗り越え、

2014年ドラフト2位でプロ野球の世界へ!!!

壁を乗り越える素晴らしさを教えてくれる人。

それが広島カープの薮田投手です…

 

 女手一つで育てられた生い立ち

両親は1歳の時に離婚し、

母親は仕事を掛け持ちしながらの二人の息子を育てあげました。

母親は子育てのために、タクシー運転手の仕事をしておりましたが

そこで2度の交通事故を経験したり、病気や借金に悩まされた

貧しい過去もあったようです…

そんな苦難続きの環境の中、薮田選手が野球に集中できたのは

「母親の懸命な姿」と、「子供への愛情」があったからだと思います。

今の時代、スポーツをする環境が

当たり前のように思う子も多いと思いますが、

スポーツができる「ありがたみ」を感じられる人は

どれだけいるでしょうか。

薮田選手の活躍はまさしく「ハングリー精神」からくるものだとおもいます。

プロ野球選手として活躍する姿をお母さまに見せてあげられた事は、

十分な恩返しですね。

 

大学入試でのエピソード

薮田選手は大学の入試において、

「家には迷惑掛けられない」

との思いからわざと試験に落ちようとし、

論文試験の解答用紙には「我流こそ我が人生」とのみ記したそうです。

しかし…

薮田選手の家庭環境を知った大学側の配慮

二次試験を受験させてもらう事ができ

奨学金で入学が認められたそうです。

 

プロ入り前は実績ナシ

亜細亜大学時代ケガもあり、実績のないまま大学生活を終える。

(高校時代もケガに悩まされていて結果を残せていませんでした。)

普通に考えると、プロに入る選手は何だかの実績・能力・活躍をしているのが普通です。

実績がないのに、プロで活躍できると見抜いた広島のスカウト陣はすごいです。

それだけの潜在能力が薮田選手にはあったのでしょうね。

 

奇跡的なプロ入りのきっかけ

薮田投手のお母さまが運転するタクシーに偶然、

広島カープの松田オーナーが乗車したのがきっかけです。

そこで、お母さまは息子が亜細亜大学で野球をしていることを話しました。

そして後日スカウトを大学に向かわせたそうですが、

そこから薮田投手の潜在能力が認められ、

2014年ドラフト2位入団でプロの世界へ。

 

緊急登板にも即対応

2015年8月14日、先発予定だった福井。

試合直前に首の違和感があり、急遽他のピッチャーが登板しなければならない状況に…

この時福井の代わり先発したのが、当時中継ぎで投げていた薮田選手でした。

きっとウォーミングアップも思うようには出来ていなかった事でしょうが、

そんな状況の中、緊急登板で6回無失点に抑える好投-

すごいのは、薮田の緊急登板はこれだけでない。

二回目の緊急登板があったのです‼

二回目の緊急登板は、2017年5月23日

先発の野村が、腰に違和感があり3回で降板することにー

ここでリリーフで登場したのがまたしても薮田選手。

この試合でも薮田は3回を無失点に抑えたのです。

整った状況でない中で結果を残すことが出来るのは、

薮田投手の生い立ちがプラスに働いているのだと感じます。

本当に強い精神力ですね‼

個人的には、この試合あたりから薮田の活躍が

顕著になってきたと感じています。

2017シーズンは現在まで8勝1敗、

防御率2.25という好成績を残しています。(平成29年7月8日現在)

 

独特の投球フォーム

腕を大きく振って投げるのではなく

肩あたりからコンパクトに投げているイメージ。

それでいて、力のあるストレートがズバッときまる。

バッターからするとボールの出どころが分かりづらいのでしょう。

 

プロスポーツ選手のあるべき姿

苦難の生い立ちを乗り越え夢のプロ野球の切符をつかんだ薮田選手。

彼が今後活躍することで多くの人の励みになるでしょう。

スポーツを通して逆境に打ち勝つ姿「ハングリー精神」は、

プロスポーツ選手の見本ですね!!!

派手な選手ではないものの、地道に努力を重ね確実に実力をつけているこの選手を

カープファン以外の方にも是非知ってもらいたいものです。

薮田投手の活躍を応援せずにはいられませんね( ˘ω˘ )✨

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク