広島カープの小園海斗がスゴイ理由

スポンサーリンク




ドラフト1位指名を4球団から受け、広島カープに入団が決まった小園海斗選手。高卒ルーキーながら即戦力として十分実力を兼ね備えている選手です。小園選手が将来広島カープを引っ張っていく存在になるでしょう。それでは小園選手がすごい理由を紹介していきましょう。

小園海斗選手の経歴

  • 兵庫県宝塚市出身
  • 2000年生まれ
  • 小学校1年生で野球を始める
  • 強豪牧方ボーイズ出身
  • U-15、U-18メンバー
  • 強豪報徳学園で1年生からレギュラー
  • 甲子園1試合3二塁打(大会タイ記録)
  • 2018ドラフト会議で4球団から1位指名され広島カープへ入団

高卒ルーキーで早くもキャンプ1軍に合流

高卒ルーキーといえば、身体が出来上がっていないことが多く、二軍で身体を作りながら技術を磨いていくのが一つの流れです。前回、ドラフト1位指名を受けた中村奨成選手も期待が大きい選手ですが、昨シーズンは一度も1軍にあがることはありませんでした。首脳陣が小園選手を評価している表れでしょう。

入団当時の田中広輔を超える筋力

田中選手といえば広島カープ不動のレギュラー。小園選手と同じショートを守っている選手で、カープを近年牽引してきた中心選手です。そんな田中選手に負けない素質を持っていることが、入団後の測定で判明したそうです。バイオテックスと言われる、『下肢筋力測定値』が入団時の田中選手よりも高いことが判明。また、肩が強いことが魅力な選手で、高校時代は深めのポジションで守っていたそうです。よく菊池選手が「田中選手は肩が弱い」と半分冗談でからかっている場面を見ますが、小園選手はその心配はなさそうですね(笑)

母親は元なでしこジャパン

小園選手のお母さんは、元なでしこジャパンという強力な遺伝子を受け継いでいます。おそらく、小園選手は野球でなくて他のスポーツをやって成功した可能性は高いですね。

驚異の脚力

50m5.8秒。プロ野球でも俊足と言われるレベルですが、それだけではないんです。1塁到達までの時間が異常に速いんです。そのタイムが3秒98。これはプロ野球の世界でもトップレベルに入るタイム。メジャーリーグで活躍するイチロー選手が3秒94。(このイチロー選手のタイムはメジャーリーグでもトップレベル。)イチロー選手に迫る記録で高校生としてすごい実力の持ち主なんです。

オープン戦で初ホームラン!

先日の西武ライオンズとのオープン戦で、武隈投手からプロ初ホームランを打ちました。高卒ルーキーが、オープン戦でホームランを放ったのは、大谷翔平以来6年ぶりの記録。大物になる予感を感じますね。

スポンサーリンク