広島カープファンの本音、、クライマックスシリーズの必要性

スポンサーリンク




2017リーグ優勝した広島カープ

シーズン成績は他チームを寄せつけない独走状態でしたね。2位阪神タイガースに10ゲーム差、DeNAとは14.5ゲーム差をつけての優勝。

今年こそは日本一になるぞとカープファンの期待も大きかったことでしょう

しかしながら、クライマックスシリーズでDeNAに完敗。セリーグでは、3位のチームが日本シリーズへ進む初のケースとなりました。

 

下克上と表現された今回のケースに各野球関係者や野球好きの著名人がクライマックスシリーズについて持論を展開されていましたね~

今回、カープが独走でレギュラーシーズンを終えてクライマックスで負けましたが、制度自体に対してのモヤモヤ感は特にないです。

DeNAが制度に基づいて勝ち上がったわけですから、強かったんだなということですよね。シーズンを長期的に考えて戦ったんだなと考えています。

『DeNA強くなったな~』『ラミレスの采配良かったなー』『緒方監督、短期決戦の采配は今一つだな~』とか野球の内容に関することの方が頭の中に残っていますね。

クライマックスシリーズが必要か否か、いろんな考え方はあると思いますが、まず『何に重きを置いてクライマックスシリーズを行っているのか?』を考えるべきでしょう

現状、クライマックスシリーズを行っている理由は、消化試合を減らし下位チームが終盤まで盛り上がれて、球界全体を活気づけるための意味合いが大きいですよね。

強いチームを決めるためだけならレギュラーシーズンの順位だけで日本シリーズをやれば良いでしょう。クライマックスシリーズ自体必要ない思います。

ただ、プロ野球ってただ強いチームを決めるためだけじゃないんですよねきっと。

子供に夢を与えたり、アマチュアとは違うプレーを楽しんでもらったりすることにも意味があります。

そのためには、プロ野球選手がボールに食らいついて必死にプレーする状況を常に作り出さないといけません。

消化試合でも一生懸命にプレーはするでしょうが、来シーズンの調整に入ってますからね。お客さんとしてはハッキリ言っておもしろくありません。

レギュラークラスもケガを恐れてベンチに下がることが増えます。何より選手のモチベーションが下がるのが一番面白くないですよね。

確かに143試合を移動しながらこなすのはかなりハードでしょう。

モチベーションを保つためにもクライマックスシリーズを設けて終盤まで活気ある試合を行う必要がありますね。

下位チームも盛り上がっていれば球界全体が盛り上がります。そういった意味では、クライマックスシリーズが必要でしょう。

今シーズン1位でリーグ優勝するも3位DeNAに完敗。それでもクライマックスシリーズは賛成派 

クライマックスシリーズを行うメリット

レギュラーシーズン終盤まで球界全体が盛り上がる

カープがBクラスに低迷していた時代、クライマックスシリーズに出場すること自体夢でしたからね。

昔、カープがトップとのゲーム差が大きく開いて優勝の可能性がなくなったら正直応援に熱が入らなかった記憶があります。

そうなると球場もガラガラでしたね。カープの暗黒時代を思い出すだけで泣けてきます。

初めてクライマックスシリーズに出場した時かなり盛り上がりました。まるで日本一にでもなったかのように。

なので下位に低迷しているチームにとってはありがたい制度なんです。シーズン終盤まで盛り上がれるんです。

下位のチームもシーズン終盤まで一生懸命プレーしますからね。

興行収入が増える

シーズン終盤、優勝の可能性がなくなってもクライマックスシリーズへ出場できる可能性があるので、球場に行くお客さんが増えますね。グッズの収入なんかも増えるので球団にとっては潤いますね。球団が潤えば、良い選手を獲得して強いチームになることに繋がります。

今後のクライマックスシリーズ

今後もクライマックスシリーズは継続してもらいたいです。ただし、シーズン戦の実績を大きくした方が良いでしょう。

  • 1位チームのアドバンテージを増やす
  • ゲーム差に応じてアドバンテージを変更する
  • 2位、3位チームはレギュラーシーズンのゲーム差が優勝チームと開きすぎた場合(例えば10ゲーム差)クライマックスシリーズに出場できないようにする
  • レギュラーシーズン1位のメリットがクライマックスシリーズのアドバンテージしかないので他のコトで優遇処置を設ける

 

いちカープファンが勝手に思ったことを書いているだけなので、皆さんの意見も聞いてみたいです

とりあえず来年はカープに日本一になってほしい

 

スポンサーリンク