2017 広島カープがクライマックスシリーズで負けた理由

スポンサーリンク




まず横浜DeNAファンの皆様日本シリーズ出場おめでとうございます‼

DeNAは最近選手の成長が著しく、今シーズンカープが苦手としていたので若干嫌な予感がありましたが、まさか予感が的中してしまうとは、、

クライマックスシリーズについては様々な意見が取り上げられていますが、その話は別に置いといて、、、☝広島カープファンの本音、、クライマックスシリーズの必要性

DeNAにセリーグの代表として頑張ってほしいですね

それではなぜカープがクライマックスシリーズに負けてしまったのか検証してみましょう

監督の采配

今回一番の敗因は監督の采配でしょう

DeNAラミレス監督の方が試合巧者でしたね

投手陣の起用方法はお見事でした

今永をリリーフで起用するあたりは短期決戦ならではでしたね

対称的に采配が今一つだったのが広島緒方監督

今回バティスタを先発起用した点が一番の敗因だと感じています

DeNA戦ということもあり点の取り合いを意識したうえでの起用だったのでしょう

DeNAはロペス、筒香、宮崎などパワーヒッターが多いですからね

しかし、バティスタを起用することで守備力、機動力がまったく生かせませんでした

バティスタは試合終盤でここぞという場面で代打起用するべきでしたね

他にも代走のタイミングが中途半端だったり、かなり記録には残らないミスが監督にあったと感じます

試合日程

シーズン戦から日程が空いていたので試合勘が鈍っていた感じを受けましたね

試合期間が空いてしまうのはシーズンリーグ1位の宿命なのでしかたありませんが、、、

特に投手陣 先発陣がピリッとしなかったですね💦調整が難しかったのでしょう

薮田は最低限の仕事はしてましたが、野村祐輔にはもう少し力を発揮してほしかったなという印象ですね

鈴木誠也の離脱

シーズン中、4番で活躍していた鈴木誠也

シーズン終盤は松山がその穴埋めをしっかり担ってきたのですが、クライマックスシリーズではチームとしてそれが出来ていない状態でした、、

鈴木誠也はバッティングだけでなく機動力、守備力の面でもかなり高いレベルにある選手 三拍子揃った外野の選手の穴埋めはやはり難しいですね

鈴木誠也に代わってライトの守備についたのがバティスタでした

バティスタはバッティング面で言えば鈴木誠也を上回る面がありますが、難点なのが守備なんですよね

守備は間違いなく高校生レベルでしょう(野球があまり詳しくない方でもバティスタの守備力は上手でないのがよく分かります

4戦目の5回倉本の打球に対するバティスタの守備は記録的には2塁打ですが、キャッチ出来た打球でした。このあたりからからずるずると流れがDeNAに、、

流れが変わったクライマックスシリーズ4戦目

個人的にこのクライマックスシリーズのポイントは4戦目5回DeNAの攻撃にあったと思います

5回DeNAの攻撃で桑原の三塁線を抜ける打球 サードが機敏な阿部ならキャッチできていたでしょう

そして倉本が2ベースになった打球のバティスタの処理

確かに良いあたりでしたが鈴木誠也ならば確実に捕球していたでしょう

このあたりからゲームの流れがDeNA側に完全に変わりましたね

やはり守備でゲームを整えられなかったのは大きな敗因ですね。

完全に機動力を失った広島カープ

機動力野球が出来ないカープはやはり相手から見たら怖くありませんし、本来のカープの強さが半減してしまいますね

今回のクライマックスシリーズの敗因は、松山、バティスタ、新井など俊敏でない選手を先発で使いすぎた点でしょう。

3人を同時に使うことで、結果的に機動力に穴が空いてしまいましたね。明らかに攻撃が単調になりました。

来シーズンのために

緒方監督にはしっかり反省してもらい是非来シーズンは日本一になってほしいです。

そしてバティスタの守備力を標準レベルに高める必要がありますね。それまでは代打要員でしょう。

守備に問題がありすぎるのでピッチャーがかわいそうです。

最後に

今年もカープ選手、各関係者、ファンの皆様、一年間お疲れさまでした。

来年こそは皆さんの力で日本一になりましょう。ブログも更新頻度を高めて応援していきたいと思います(*^^*)

スポンサーリンク