少年野球のお茶当番問題

スポンサーリンク




野球をやらせてあげたいけど、、、

野球を始めると保護者が大変そうで、抵抗のある家庭も多いでしょう。

そんな理由で、野球を敬遠する保護者も多いのが現実です。

保護者が、少年野球を敬遠する理由

その理由として挙げられるのが、間違いなく「お茶当番問題」です。

お茶当番はコーヒーや麦茶、スポードリンクなど用意して休憩時間に監督コーチに飲んでいただきます。

また、チームによっては、子供がケガした場合に対応できるように、お茶当番が救護担当として兼務していたり、送迎もお茶当番が担当するチームもあります。

チームによってお茶当番の役割は多少の違いはあるものの、長時間拘束されることに違いはありません。

指導者の方々も真剣に指導しているので、飲料水を飲んでもらいたい気持ちはあるのは確かです。少しでも、チームの力になりたい気持ちはお母さん方もあるのです。

しかしながら、お母さん方にとって精神的・身体的に負担が大きすぎるのです。

炎天下の中であれば、保護者にとっては罰ゲームに近い状態です。

お母さんがお茶当番出来ない時に、おばあちゃんが参加しているケースも目にします。体力的にも負担が大きいでしょう。

また、このご時世、シングルマザーの方も多くいます。負担が大きいのは言うまでもありません。

保護者の方々は、家事も多くありますよね。洗濯、食事、掃除、、、

家事をそっちのけでお茶当番をすることに疑問を感じるのは当然のことでしょう。

お茶当番問題の改善にむけて

最近お茶当番を廃止しているチームも多いです。

監督・コーチは自分で飲料水を用意しているチームもあります。

指導者の飲料水はチームの運営費から賄うのも一つの方法でしょう。

長時間拘束されるくらいなら飲料水代を出したほうがましだという意見も多く耳にします。

少年野球運営者が第一に考えるべきこと

野球人口が減少しており、チームを存続させるために様々な見直しが迫られています。

子供が野球をする環境を考えることはもちろん、チームに関わるすべての問題を総合的に考えていかなければなりません。

保護者の方々の意向をくみとる重要性にも気づかなければなりません。

指導者の多くは、グラウンドの中に目を配りますが、グラウンドの外には目を配れていません。

勝ち負けに気を配るが、保護者への配慮が足りないことが多いです。

野球の勝ち負けというのはチームの最終結果であるということ。

保護者の方々が子供に「野球をやらせてあげたい」と心の底から思えるチーム作りが大事でしょう。

これは野球だけでなく、他のサッカーやバスケットなどすべてのスポーツに当てはまるのではないでしょうか。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください